みつばち百科 | みつばち百花

輝けるミクロの「野生」

2010.02.22 by メリッサ 朋

輝けるミクロの「野生」 日向のニホンミツバチ養蜂録

飯田辰彦

鉱脈社 みやざき文庫47(2007年8月初版)

ノンフィクション作家の飯田氏が、 宮崎の養蜂家の軌跡を追うもの。

寺原寿(てらばる ひさし)さんと、

那須久喜(なす ひさき)さんという方が
出られています。

分蜂から始まり、捕獲・設置。巣箱作り。

ミツバチの営み。
オオスズメバチの襲来。
ラストは、採蜜・蜜濾し。

そう、まさにミツバチと人の関わりを季節ごとに追ったものです。

「心がキレイな人でないと、蜂は寄りつかない」とは、那須氏のお言葉。
商業的・飼い方マニュアルのかけらもない本です。
さながら、NHKの人間ドキュメント番組の様。

最後には、佐々木正己氏のエピソードで締められています。

さらに、この本のいいところは、

カラー写真が多く、内容がイメージしやすい。
ミツバチに親しむためのお勧めの一冊です。

こちらからお求めください。

輝けるミクロの「野生」―日向のニホンミツバチ養蜂録 (みやざき文庫 47)

コメントはまだありません

コメントを書く

コメントを投稿できるのは NPOみつばち百花 の会員のみです。
会員の方はログインしてコメントを投稿できます。