みつばち百科 | みつばち百花

レシピ おだんご

2010.02.25 by メリッサ 朋

昔ながらのおやつ、おだんご。今回は、みたらしのたれにハチミツを使いました。直火で炙った香ばしいおだんごと、濃厚なたれがどちらもお互いを引き立てます。
・10~20本分
上新粉300グラム ぬるま湯230~260cc

たれ: しょうゆ 大さじ4 ハチミツ大さじ4 片栗粉小さじ2 水大さじ2

1 上新粉にぬるま湯を少しづつ入れ、耳たぶくらいの固さにする。

2 蒸し器に濡れぶきんを敷き、生地を小さくちぎって重ならないように並べる。強火で25分くらい蒸す。
3 蒸しあがったのをふきんごと冷水に入れ、その後手水をつけ柔らかくなるまで練る。
4 生地を2等分にして、直径3センチくらいの太さにして、15~18等分して丸める。串に刺しても刺さなくてもおいしくいただけます。
5 網で、焦げ目をつける。外はカリッ、中はふっくらのおだんごになります。
たれ:  だんごを焼いている間に作ります。片栗粉を水で溶き、鍋に入れる。弱火で、温まったら醤油を入れる。まとまってきたら火を止め、ハチミツを入れる。混ぜ合わせてから、火にかけ、弱火でとろみがついたら火からおろす。だんごに絡める。
 

                                                                                                            できあがったおだんごは、冷蔵も冷凍も向きません。その日のうちにいただきましょう。

メリッサが使ったのは、タイのロンガンハチミツ。色も味も濃厚で、香りも強く、そのままでみたらしのたれのような存在感。そばとかクリの蜜でもおいしいかも。

コメントはまだありません

コメントを書く

コメントを投稿できるのは NPOみつばち百花 の会員のみです。
会員の方はログインしてコメントを投稿できます。